BLAオリジナルキャップ(刺繍バージョン)の詳細が決まりました!

0

     

    皆様、こんにちは

     

    NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。

     

    先般告知をした様に刺繍バージョンのキャップを作成いたします。

     

    今回は会員、普及会員有志による共同購入という形を取る事と

    いたしましたので、皆様より事前にご発注をいただき、期日までに

    入金を完了いただいた分だけ作成する事に致しました。

     

    5月19日日曜日:申し込み締め切り

    5月20日月曜日:BLA預金口座への着金

    6月15日頃:完成、その後発送作業

     

    のスケジュールで予定しております。

     

    ロゴ(ワッペンと同じデザイン部分の事)は変更できませんが

    フックとスローガン部分(写真では白でイメージを作っています)については

    作成をいただくお店のご厚意で好きな色の刺繍糸で刺繍いただける事になりました。

    一部有料の色(金糸、銀糸など)や制限事項がございますが、自分だけのキャップを

    デザインしてみませんか?

    白以外の刺繍糸での刺繍を希望される方は個別にお問い合わせください。

     

     ※5/10追記  キャップのカラーは11色から選べます。



     

     

    ↑定番イメージのネービー

     

     

    ↑白以外の色でも刺繍できます。

     

     

     

    ↑意外と気に入っています。

     

     

     

    ご希望のかたは

     

    https://forms.gle/mTntf8CeyZLJ9dQM7

     

    よりお申し込み可能です。

     

     

     

    また、お問い合わせにつきましては

     

    office-pr@npo-barblesshook.com

     

    までお願いいたします。

     

     

    それでは次回もよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:フィッシング


    第五回小菅川テンカラ講習会

    0

      JUGEMテーマ:渓流釣り

       

      皆様、こんにちはNPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の

      ワインテンカラ担当田邊です。

       

       

      テンカラ大往生大王こと石垣尚男先生が講師を務める

      第五回小菅川テンカラ講習会にスタッフとして参加してきました。

       

       

       

      今年も親父ギャグ炸裂の石垣先生(笑)

       

       

      「石垣先生が箱根を越えると天気が荒れる」との格言が

      あるそうですが(?)今回は二日間好天に恵まれました。

      (風は強かったですけど・・・)

       

      北原会員に護送されて小菅村に到着した石垣先生はいつもと変わらず

      お元気でしたが昼食が大盛ではなかったのでお加減が悪いのかとスタッフ一同

      心配しましたが、昨晩の食べ過ぎで昼飯を控えていただけとのことです。

      (なんでも北原会員は石垣先生の護送のために車を買い替えたとか?)

       

      今年は参加者が昨年よりも少なくなりましたが、リピーターの方や遠方から

      参加された方が多く例年以上に濃密な講習会でした。

       

      実行委員長はBLAの吉田代表が務め西山副代表、田中理事に大王師範代の

      北原会員と私がスタッフとして脇を固めさせていただきました。

       

       

       

      司会は吉田代表です。

      (主催は廣瀬屋旅館さん)

       

       

      開講式の後、座学に移り講習会は石垣先生の寒い愉快な親父ギャグを交えた軽妙な

      トークで楽しく進行していきます。

      (ただし対象年齢18歳以上のギャグなため小学生には不評だったとか⁉)

       

      座学終了後、釣り場に出て実釣講習となりました。

       

       

       

      放流は地元から参加の小学生にお手伝いしてもらいました。

       

       

      実釣講習ではキャストや毛鉤流し方などを石垣先生がお手本をみせながら

      丁寧に指導していきます。

       

       

       

      熱血指導のテンカラ大王殿下!

       

       

      釣れない方や初級者の方には我々スタッフもついて指導させていただきました。

      (大王殿下、スタッフとも女性参加者には熱心に指導をしていたとかww)

       

      大王殿下の熱血指導もあってか講習初日はボウズゼロ(延長戦のチャガワさん含むw)

      という結果になりました。

       

      二日間参加の方は石垣先生との夕食会後に特別イベントの「夜の毛鉤巻き教室」

      待っています。

       

      石垣先生お得意のバーコードステルス毛鉤等、簡単に巻けて良く釣れる毛鉤を伝授

      していただきました。

       

       

       

      毎年大好評の夜の毛鉤巻き教室

      (夜だけどお子さんも参加できる健全な毛鉤巻き教室ですよw)

       

       

      皆さん伝授された毛鉤を楽しんで巻いていました。

      「翌日は自身の巻いた毛鉤で釣って下さい」と大王殿下からの

      お言葉もあったので皆さん色々な毛鉤を巻いていました。

      (フックはVARIVAS2120WBの12番を使用)

       

      毛鉤巻き教室が終わると講習初日も無事終了となりました。

      (なおスタッフは代表主催の飲み会反省会があったとか・・・)

       

       

       

       

      翌日は風も収まり、前日より良いコンディションでの講習会となりました。

      (宿泊参加者の方は石垣先生出演の映像をご本人の解説付き(親父ギャグ含む)で

      見ながら朝食を召し上がっていただきました)

       

      日帰り参加者の方を加えて二日目の講習会も和やかに行われて皆さんテンカラを

      楽しまれていました。

       

       

      小学生の参加者も二日間で上達した様子です。

      (親父ギャグだけは最後まで理解できなかったみたいですがw)

       

       

       

      今回の講習会も受講生には石垣先生直筆の「一釣懸命毛鉤サイン」入りの

      免許皆伝釣(日帰り受講生は修了釣)が授与されました。

      (フライング令和元年の日付入り)

       

       

       

      お約束の釣れなくて閉口閉講式!

       

       

      石垣先生、協力していただいた関係者の皆様、そして講習会参加者の皆様の

      おかげで今年も楽しいテンカラ講習会となりました。

      (皆様ありがとうございました)

       

      小菅村でのテンカラ講習会も今回を持ちまして平成最後となりましたが

      令和の講習会もご期待ください!

       

      それではまた次回よろしくお願い致します。

       

       

      ※講習会の様子はこちらもご覧ください→『テンカラ大王のテンカラで大往生』

       


      BLAオリジナルキャップ(刺繍バージョン)について

      0

        皆様、こんにちは

        NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。


        平成12年春に任意団体としてスタートし、平成17年1月よりNPO法人として新たなスタートを切った、バーブレスフック普及協会ですが、皆様のご支援のもと、設立20年を向かえようとしております。

        令和と言う新たな時代に向けて引き続き活動を継続して参りますので変わらぬご支援よろしくお願いいたします。


        昨年、ご寄付に対する返礼品として、BLAオリジナルキャップを作成しましたが、会員及び普及会員の方々より刺繍バージョンのキャップもあれば良いねとのお声をいただいておりました。そこで、新たな刺繍バージョンのキャップをご用意する方向で、検討をしております。


        詳細については、4月中に発表出来る事を目指して、調整をしておりますが事前にご要望があればお知らせください。全てのご要望に答えられる訳ではありませんが参考にさせていただければと考えております。


        今のところ、4000円程度のご寄付に対する返礼品として、ご用意出来る様に業者等を選定しようと考えています。


        当ブログのコメント欄もしくは、

        office-pr@npo-barblesshook.com


        までご意見お願いいたします。


        小菅川解禁イベントに参加してきました。

        0

          JUGEMテーマ:渓流釣り

           

          皆様、こんにちはNPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の田邊です。

           

          3月2日㈯に行なわれた小菅川解禁イベントにBLAも出展しましたので

          その様子をご報告させていただきます。

           

           

          BLAからは吉田代表、高橋副代表、田中理事、北原会員、そして自分の

          5名が参加しました。

           

          イベント広場には沢山のショップが出展されていました。

          (自分は運転手のためビールは飲めず・・・残念)

           

          BLAのブースでは今月開催するフライ大会と4月の小菅川テンカラ講習会

          ご案内とテンカラ講習会のプレイベントととしてテンカラ毛鉤巻きデモと体験を

          行いました。

           

          毛鉤巻きデモでは吉田代表がバスマットフライ毛鉤、北原会員が逆さ毛鉤を巻き、

          自分はテンカラ大王直伝の自己融着テープ毛鉤を巻きました。

          (フックはバリバスさんの『2120WB』を使用)

           

          中でも吉田代表のバスマット毛鉤は大人気でした。

          (日陰で寒いBLAのブース)

           

          毛鉤巻き体験は子供から大人まで大勢の方が参加してくれました。

           

          毛鉤巻きを教える北原会員

           

          お子さんにも好評だった毛鉤巻き

           

          このようにBLAブースには毛鉤巻きに挑戦する方々や毛鉤巻きデモを

          見学される方など大勢の釣り人が訪れてくれて楽しい時間を過ごすことが

          できました。

          (来場してくれた皆様ありがとうございました)

           

           

           

           

          午後からは解禁した小菅川の金風呂C&Rにてテンカラ実釣体験を実施しました。

          (小菅川のC&Rは今年で20周年とのことです。凄い!)

           

          実釣体験を行った金風呂C&R

          (解禁日とあって凄い釣り人の数でした)

           

          大勢の釣り人に叩かれた後で魚がかなりスレていて厳しい状況でしたが

          参加者の皆さんは一生懸命テンカラ竿を振っていました。

          魚を掛けることが出来なかった参加者の方もいましたがテンカラの楽しさを

          体験できたようです。

           

           

          今回の解禁イベントはイベント主催関係者様のご協力もありBLAスタッフ一同楽しんで

          運営することができました。

          イベント主催者様、小菅村漁協の皆様ありがとうございます。

           

           

           

          解禁イベントの様子は主催者様ブログもご覧ください。yamame to asobu | やまめとあそぶ

           


          葉色の変化にご注目!

          0

            JUGEMテーマ:植物

             

            こんにちは。植物担当の山寺です。
            昨年の夏から長いことサボッてしまいました。
            事務局からレッドカードをもらう前に出てきました(笑)  

             

            今回はトウダイグサ科の『オオバベニガシワ』を紹介しましょう。
            この木は落葉低木で雌雄同株異花の生育旺盛な木です。
            庭木として使われているのをたまに見かけますがそれほど多くはありません。

            葉色の変化が少し変わっていて、春の紅葉(といっても落葉前のではない)から1年が始まります。
            同じ株を季節ごとに写したのでご覧ください。

             

            ▲春に新葉が出揃いました。赤い葉色が鮮やかですね。
            葉の下のツブツブは雄花です。(4月中旬)

             

            ▲徐々に赤味が抜けて茶色っぽくなってきました。
            葉の下の赤い糸状のものは雌花です。(5月初旬)

             

            ▲夏、葉緑が眩しいほどに茂っています。(6月初旬)

             

            ▲秋、普通に枯れ始めます。(10月中旬)

             

            ▲真冬です。すっかり葉が落ちてしまいました。(2月中旬)

             

            ▲けれども芽吹きの準備は始まっているようで、
            雄花のつぼみを見つけました。(2月中旬)

             

            いかがですか、赤→茶→緑と葉色が変化するなんて通常とは逆で面白いですね。

            季節は段々と移ろい、草木も春の準備を始めています。

             

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << May 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:157 最後に更新した日:2020/02/17

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM