行ってきました。さいたま水上公園

0
    皆様、こんにちは。
    NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。

    先日、上州屋新狭山店様で開催された、当協会代表の吉田による
    タイイング教室が実施されました。

    その際、皆様にご紹介したフライを持って、さいたま水上公園へ出かけてきました。

    ↑何処かで見覚えのあるイラストが・・・


    教室で説明が有ったかと思いますが、上あごにフッキングさせる為に
    工夫したフライで、予定通りみごとに上あごにフッキング。


    釣果の方もそこそこで、周りの人々と比べても
    そこそこの結果が出ていたかと思います。

    フライフィッシングに関しては、完全に素人の自分がそれなりに
    釣れましたので、かなり有望なフライでは無いかと思いました。

    ルアーフィッシングにおいては、自分でルアーを作成する
    と言うのは、かなりハードルが高いと思いますが、フライにおいては
    比較的簡単に作成する事が出来るフライもあると言う事なので
    簡単なフライを作成することから始め、創意工夫を重ね自分の狙う
    釣り方に適したフライを作成するという楽しみ方もかなり楽しいのかな
    と感じました。



    それでは次回もよろしくお願いいたします。






    JUGEMテーマ:フライフィッシング

    外房行ってきました

    0
      皆様、こんにちは。
      NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。

      先日、久しぶりに外房まで釣りに行ってきました。

      直前の釣果情報を眺めていると、最近はハガツオと言う魚が結構釣れている様でした。

      過去釣った事が無い魚なので、とても楽しみにしていた所




      ナイスキャッチ!

      水深35メートル位でヒットしたのですが、最初は全く抵抗せず簡単に上がってきます。

      残り10メートル位になった所で、やっと釣られている事に気付いた様で
      いきなり暴れだし、カツオと言う名前に恥じないファイトを楽しませてくれました。

      Wikiによると「肉は赤身で軟らかく、カツオより味の評価は落ちる。」との事で
      味についてはあまり期待をしていなかったのですが、これがどうしてなかなか
      適度に脂がのっており、かなりおいしい感じでした。

      他にはサンパクが一匹と数には恵まれませんでしたが、それなりに楽しい釣行でした。

      しかし、今回は都合により良く乗船している船では無く、全く初めての船に乗った事も有り
      何となくリズムが合わない時間が凄く長かった気がします。

      乗船した船が良い悪いと言う話ではなく、船の流し方や狙うポイントの特徴等を
      いち早く感じて適切な釣り方にアジャストする能力がまだまだ足りないなと言う事を
      痛感した釣行でもありました。

      まだまだ修行が足りませんが、今後も積極的に色々な釣りにチャレンジしたいと思います。

      それでは次回もよろしくお願いいたします。


      JUGEMテーマ:釣り(ソルトウォーターフィッシング)

      行ってきましたリベンジ企画『相模湾LTルアー』

      0
        皆様、こんにちは。
        NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。

        告知をした訳では無いですが、個人的に6月懇親活動で乗船した
        片瀬漁港島きち丸での、大雨及び釣果が悪かった事に引っかかりが
        ずっとあったので、何とかして悪い流れを断ち切りたいと思い
        個人的なリベンジ企画として島きち丸のLTルアー船に乗ってきました。

        事前の長期予報では雨模様と言う事だったのですが、天候にも恵まれ



        釣果にも恵まれ、6本クラスのタチウオにも歓迎してもらいました。

        タチウオ

        何とかリベンジも果たせ、個人的なリベンジ企画も終了と言う事で
        これから心おきなく冬の青物シーズンを迎える事が出来そうです。
        (シイラ釣りのリベンジ企画にリベンジするのは来年の予定です。)

        海の釣りとは関係がありませんが、今シーズン再開した渓流釣りの禁漁が
        目前に迫ってきました(既に終了した場所もありますよね)。

        何処へ行くかかなり迷っています。釣果報告が出来る様に頑張りたいと思っています。



        それでは次回もよろしくお願いいたします。



        JUGEMテーマ:釣り(ソルトウォーターフィッシング)

        トラウト行ってきました。Part5

        0
          皆様、こんにちは。
          NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。

          本年5回目になる渓流へ出かけてまいりました。

          4月から始まり、ほぼ毎月川に立っているのですが
          今の所、毎回どうにか魚の顔を見る事が出来ているので
          今シーズンも残り少なくなってきましたが、毎回魚と
          出会えるように全力を尽くして行きたいと思っています。


          さて、今回は渓流釣り初心者というか初体験のF氏と一緒に
          炎天下の渓流に出かけてまいりました。

          こんなとこ

          F氏はキャンプを始めアウトドアでの遊びの経験も豊富で
          魚釣りに関しても、そこそこ経験があり、今回はなんとかして
          渓流魚の顔を拝ませると言う事が目的の釣行となりました。

          自分的には、フックを変えるとルアーの動きはどの位変わるの?
          と言う事を検証するのを目的として、新たにプラグを2個ずつ購入し
          1つをノーマル(トリプルフック)1つをシングルに交換して
          動きを見つつ、釣果の差などを検証したいと考えての釣行となりました。

          ↓こんな感じで実験
          ルアー


          当日は、台風11号の影響や前日からの雨の影響もあり
          若干増水気味かな?という感じでのスタートとなりました。
          (新しい感じの倒木も有りましたので、台風の影響だと思います)

          朝方は、若干の濁りは有るものの、曇り空で水温が16度と
          8月と言う事を考えれば、まずまずと言う条件でした。

          F氏にポイントの狙い方等をレクチャーしつつ、開始3投目で
          本日のファーストフィッシュ。20センチ程のニジマスを
          かけて、本日上々の滑り出しで先生役としても鼻高々と
          思っていた所、ネットイン直前に痛恨のバラシ。

          その後、何度かあたりは有るもののショートバイトが続き乗りません。

          PEラインを使っている事も有り、バイトを弾かない様に少しドラグを
          緩めてみたら、今度は合わせた瞬間にラインが出てしまいフックアップ
          しなかったりで、やる事が少しずつずれている感じで、8時を過ぎたころからは
          あたりすら出なくなってしまいました。


          少し遅めの昼食を取り、所々グレーの雲の見えてきたので
          釣券購入時に貰ったポイントマップを参考に、次が最後の
          ポイントと決めて少し走ったポイントに入渓。

          ここで思い出したのが、前回のフライフィッシング釣行で学習した
          「魚が餌を食べやすい状況を考える」と言う事でした。

          夏と言う事も有り、流芯を絡めた流れのあるところを狙っていたのですが
          増水気味?の状況から追い切れないのではと思い当たり、流芯に絡まない
          倒木、石などをキーワードに比較的流れのゆるいポイントを中心に
          組み立てる事にしました。

          流芯を超えた対岸に木が沈んでいる如何にもなポイントに到着して
          アップクロス気味にキャストしましたがやはり反応がありません。

          しかし、あきらめるにはあまりにも惜しいポイントなので
          少し上流側から、クロスにキャストをしダウンで流せる
          距離を確保しようと考え、キャストしたところ

          ↓25センチほどのヤマメ
          ヤマメ


          本日のファーストフィッシュをキャッチしました。


          一旦魚をフックから外し証拠写真(上の写真)を撮った後、
          ネットに絡まったフックを外しているうちに(ちなみにトリプルフック)
          魚が脱走。
          試行錯誤の結果やっとキャッチした1匹なのでもっと色々写真を
          撮りたかったのですが、残念でなりません。


          この後少し釣り上がったのですが、雲の色もだんだん黒に近づいてきたので
          安全を考えて、これにて終了といたしました。




          と言った訳でF氏の釣果と検証結果は

          あと一歩までは行ったのですが、F氏に魚を釣らせる事は出来ませんでした。
          (最後の一歩をを詰めるのは本当に難しいですね。リベンジしましょう)

          検証結果は、ノーマル状態の動きとフック交換後の動きの違いにかなりびっくりしました。
          今までは川で使う前にフックを交換していたのでほぼ初めてノーマル状態での動きと言う物を
          確認したのですが、フック交換をするとルアーの動きがかなり大きくなった印象を持ちました。

          シンキングを利用していたからかもしれませんが、フックの重量よりも
          投影面積の違いによる水の抵抗の差が大きい要素の様な気がしているのですが
          何が正解なのかとっても知りたくなりました。


          まあ、ネットに絡まない様に今後もシングルフックを中心に使いますけれど・・・




          それでは次回もよろしくお願いいたします。

          タックル
          RB55MS
          セルテート2004
          スーパートラウト アドバンス ダブルクロス PE 0.6号
          トラウト ショックリーダー 4lb
          S-55BLM(#12、#10)

          ルアー
          D-CONTACT
          D-CONTACT(タイプ供
          蝦夷 50S 1st





          JUGEMテーマ:渓流釣り


          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << November 2019 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          書いた記事数:156 最後に更新した日:2019/08/31

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM