「Japan Fishing Festival 2014」行ってきました

0
    皆様、こんにちは。
    NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。


    先日、Japan Fishing Festival 2014へ見学に行ってまいりました。

    年々イベントとして縮小している様な印象がぬぐえませんでしたが
    BLAとしては

    吉田代表がバリバスブース
    U会員がヤマリアブース
    T会員が日釣振ブース

    と、各所で大活躍しておりました。


    ちなみに今回の来場者数公式発表(公式HPによる)を見ると

    3月21日(金・祝)11,945人
    3月22日(土)12,180人
    3月23日(日)12,345人

    と言う事でした。


    公式発表は有料入場者数(中学生以下は入場無料)と言う事なのかもしれませんが
    どちらかと言うと内水面の釣りがメインの「みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらこばと」の
    来場者数が公式発表で11,236名と言う事を考えるとちょっと淋しすぎるでしょう。
    と言う印象です。

    入場無料のフィッシング祭りとは比べられないと言うご意見もあるかとは
    思いますが、Japan Fishing Festivalに出店してるメーカーが海の餌釣りを
    得意とするメーカーまで出店している事を考えると、有料無料の
    差だけでは無い、何か足りない物が有るのではと言った感じを強く持ちました。

    最新の技術革新が毎年ある訳では無いと言う事もあるのでしょうが
    何となく惰性で毎年ショーをやっている様な気がしています。
    イベント運営会社を変更するなど抜本的な対策をしなければ
    業界の活性化にもつながらないのではと心配しています。


    まあ、自分に心配されても余計なお世話という事かと思いますので
    自分が行った22日に、吉田代表がバリバスブースでNHK国際放送の
    取材を受けている様子をご紹介したいと思います。



    ↑巻いたフライを撮影中
    (秘密の情報が有るといけないので作成中の写真は勘弁して下さい。)


    ↑撮影中


    ↑もっと近くで撮影中

    2510WBの説明中



    ↑当日作成したフライを水に浮かべています。


    ↑完璧なバランス(多分)



    取材ディレクターの話しによると、放送は決定しているそうなので
    (NHKの国際放送が国内で見れるか解りませんが・・・)楽しみに
    待ちたいと思っています。




    それでは次回もよろしくお願いいたします。

    トラウト行ってきました

    0
      皆様、こんにちは。
      NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。



      先日リハビリを兼ねて、某管理釣り場へ出かけてまいりました。


      数年ぶりとなる川歩き(といっても管釣りですが)は
      大変気持ちの良いもので、やはり渓流は良いな〜と感じました。


      管理釣り場と言えども、先日の大雪の影響はいまだに
      残っている様で、雪シロ交じりの冷たい水がかなり
      太い流れを作っており一体どこに魚が着いているのか
      ちょっと頭が真っ白な時間が流れてしまいました。


      数年ぶりと言う事もあり、昔は普通に出来ていた事が
      全く出来なくなっていたのにはびっくりしましたが
      しばらくトライ&エラーを重ねているうちに
      何となく出来る様になってきたのは、経験のなせる技と言うか
      さすがと言う感じで、少しうれしくなってしまいました。


      ちなみに最も苦労したのは、キャスティングで
      昔はバシバシ打ちこめていたはずの思ったポイントに
      全くルアーが届きませんし、流すラインも思った様に
      コントロール出来ません。


      写真の撮り方もかなり、レベルが落ちており(元々高くは有りませんが)
       
      イワナ
      ↑写真を取っている間に魚の向きが変わってしまったり
      ニジマス2
      ↑尾鰭が切れていたり
      ニジマス1
      ↑尾鰭が立ってしまっています

      といった感じでかなり美しさに欠ける写真となってしまいました。


      現場にはまだかなり残雪も残っている様なので、数年ぶりの
      現場再デビューは4月以降となってしまうと思われますが
      今年は何回か川歩きを実施し、少しでも昔の感覚を取り戻したいと
      考えております。


      だれか私を渓流に連れてって下さい。(あんまり歩かない場所希望)


      それでは次回もよろしくお願いいたします。

      シングルフックの時代か?

      0
        皆様、こんにちは。
        NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。

         
        先日、土曜日の夕方にやっている釣り番組を見ていてふと
        気付いた事があり投稿させていただきます。

        その番組では、本年5月発売予定の新しいリールの
        紹介もしていたので、そちらが気になった方も多くいると
        思いますが、自分はちょっと違う事が気になって仕方が
        ありませんでした。

        今まで、釣り番組でルアー(プラグ)についているフックと言えば
        トリプルフックばかりでしたが、なんとシングルフックがぶら下がって
        いるではないですか。
        さらに、メーカーのテスターでもある超有名釣り人が
        シングルフックのメリットについてコメントをしているのを
        聞いてさらにびっくりしました。

        残念ながら録画していないので正確なコメントは忘れましたがメリットとして


        ・口にかかる事
        ・フッキングすればばれにくい事

        を上げていた様な気がします。
        (思い込みが入っているかもしれませんが)


        昨年から、一部メーカーでプラグ用のシングルフックを発売開始していたり
        GTフィッシングで有名な船長がシングルフックを推奨したり、時代が変わって
        来ている気がしておりましたが、
        渓流ルアーに勤しんでいた時代から、シングルフックを
        愛用していた自分としては
        ついに全国ネット?でシングルフックが有効だと
        発言する釣り人(しかも超有名人)が出てくる時代になったんだと感慨深いものがあります。

        と言った訳で、来るべき夏に向けてフックの自作を始めようか考えているのですが
        どのフックを利用するか決め切れていません。
        重量の事も考えて、シングルフックを向かい合わせで2本セットしようと考えているのですが
        お勧めのフックが有れば教えてください。

        ショップで色々見た結果
        VARIVASセリオラ [ikスタイル]





        OWNER 
        メジ・カツオ


        が良い感じかなと考えています。

         
        それでは次回もよろしくお願いいたします。

        青物行ってきました2014

        0
          皆様、あけましておめでとうございます。
          NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。

          本年もよろしくお願いいたします。

          「一年の計は元旦にあり」という諺に従い、自分のソルトルアーの
          ベースとなっている(と思っている)青物ジギングへ
          久しぶりに早起きをして外房まで出かけてまいりました。

          出船後ポイントに着くと

          最初のポイントです

          朝日と鳥山です。

          船の周りを鳥が取り囲み、時期が夏なら
          マグロでも出そうな鳥山です。


          相変わらず、釣っている写真はございませんので
          途中を割愛させていただきますが、興奮で始まった一日を終え
          お土産を抱え、帰宅した事をご報告させていただきます。


          ちなみにサイズは
          サイズ
          イナダがメインで、ワラサは船中で1本しか
          上がりませんでした(多分)



          魚も沢山釣れましたが
          大人気
          人も沢山乗っていました。

          胴の間にからみよしを見て撮った写真なので
          大凡この4倍の人間が乗っていました。

          といった訳で、今年も時間とお金の許す限り出かけて
          行きたいと考えております。


          今年の目標としては、ソルトルアーはもちろんですが
          何回かは自分のルアーフィッシングのルーツである
          渓流の報告を出来れば良いなと思っています。


          それでは次回もよろしくお願いいたします。

           


          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << November 2019 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          書いた記事数:156 最後に更新した日:2019/08/31

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM